更新不定期の落書き帳です、内容はほとんどチラ裏
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアワールドキーワード
2010年12月28日 (火) | 編集 |
「涼風のメルト -Where wishes are drawn to each other-」の感想です

以下ネタバレを含みますのでそれでも良いぜ!という方は続きからどうぞ



プレイ期間は約3ヶ月。11月頃からプレイが滞り12月1日にMHP3発売してから更にプレイが停滞していました
・・・他ゲーのせいにするのはいけないですね。完全に私の力不足ですみません・・・と誰かに謝っておきます


攻略順は羽衣→佳華→月音→捺菜→涼
捺菜ルートを最後(神語り除く)にしたのはとある人に最後にしたほうがいいと言われたからです
後は恒例の「あ、このヒロインいいなぁ」と思った順ですね



羽衣ルート
もう人が死にそうになるシナリオは精神的にくるからやめてって約束したじゃないですかァーーーッ!
他ルートでは滅多にお目にかかれない優衣と関口さん(看護婦)が見られるルート
楸木原姉妹と看護婦さんが絡んだやりとりが好きでした(シリアス除く

絆語りで「その後姉妹は死にました」的な文章が書かれてたけどあまりにもあっさりすぎて悲しかったです
あまりにも・・・あまりにもあっさりしすぎてるってばよ・・・



佳華ルート
このキャラの第一印象で「いな☆こい」の千尋再来かと思った。実際違いましたがw

とある人物がかなり黒すぎてビビった
この声優さんの過去作品の役が「気さくで強い狗神様」だったり「ツンなのかデレなのかもはや分からない親父さん」と、性格がアレだけど普通の立ち位置だったキャラが多かったので、今回の役はかなりビビった

で、そのキャラに関連するTIPS(No.68)の一文はこちら
「他のルートとのギャップに驚いた事でしょう」

当たり前だゴラァ!


現代編シナリオ後半の黒幕とのやりとりがたまらなく大好きでした。個人的に燃える展開だったと思います
ただ他のルートとシナリオの空気が違いすぎて合わない人は合わないかと
そして絆語りではとあるキャラが老けた立ち絵が見れます。キャラが老けるゲームとか珍しすぎる



月音ルート
てんまそさんの水色髪の先輩は良キャラばっかりなんだよ!

まず一つだけ不満点が
このルートだけに見られる主人公の「?ッス」口調はやめて欲しかった。
マギステ本編かFDの優花先輩シナリオの時も主人公の口調が変だったような・・・


で、次にシナリオなんですが

な ん だ こ れ は



今までのシナリオがジャブ程度に思えるほどのストレートパンチでした、特に絆語り
かなりの不幸少女だよねこのヒロイン・・・

土地開発があっさりした終わり方だったり
本編の終わり方が「え?もう終わり?」と思わせる終わらせ方だったり
絆語りではショコラがタイムリープで過去まで飛べる後付け的な能力だったり
月音先輩が未来人ならぬ過去人というトンデモ設定だったのは置いといて

とりあえず言いたいのは、村を燃やした黒幕誰だよ・・・
(最後までやれば分かる事ですが、この時点では分からなかったので誰!?と結構考えてました)

他のルートでは絆語りと本編で別のお話でしたが、このルートは絆語りと本編で1つの話となってました
本編と絆語りが分かれてない展開は意外性があってよかったです
このルートではショコラがメインキャラです。絶対に、間違いなく

トンデモ設定やトンデモ展開が他のルートに比べて多かったのはご愛嬌・・・ということにしましょう


捺菜ルート
隠された能力(夢で見たことが現実になる)が某ゲームで見たことある設定だよね!
と思ったのは自分だけじゃないはず

とある人に言われた通り、物語のメインとなる展開だったようです
物語が始まる引き金となった出来事が地味すぎて、その行動のヤバさについて最後まで感情移入できなかったです
地味ながらもしっかりとした物語の最重要項目なんですけどね・・・

ラストで捺菜が普通に学校に通える件については「こまけぇこたぁいいんだよ!」ということで




涼ルート
各ヒロインのシナリオで散りばめられた伏線が沢山回収されるこのシナリオ
「おぉなるほどこれがこうなってるのか・・・」という関心が多かったです
特に月音ルートの黒幕が分かったのは「あぁ・・・こいつだったのか!」とはしゃぐ位でした
さらにマギステのとあるキーワードを涼が言った時には猛烈に興奮しました

ラスト付近で涼が戻ってきたのがこのゲーム一番の疑問点
奇跡とかそんな感じで、細かいことは気にしたら負けですね
そのまま消えて伝説になったとかそういうのよりはマシですけどねw(プレイヤーの心の傷的に

余談ですが、システムボイスを涼にした時のタイトルコールサブタイトル部分「Where wishes are drawn to each other」
の読み方に笑いましたw



その他感想
他渦巻作品ではキャラ萌えが少なからずあって毎回心が震えてたのに、この作品では全く無かったです
何故だろう?うーむ・・・
ただウザいと思えるキャラやヒロインが一人もいないのは非常に良かった点ですね
強いて言えば佳華ルートの玲於奈さんくらい。

シナリオはご都合展開がやや多く見られましたが、全体的に纏まったシナリオでしたし納得いく展開が多かったのでご都合展開はさほど問題では無かったです
マギステはいちゃらぶメインで、涼めるはシリアスメインというところでしょうか

メイン原画のてんまそさんの絵ですが、前作品と比べてかなり変わってますね・・・
個人的にはこれ以前の作品の絵の方が好きだったのですが、此方も此方でありかなと
SD絵は安心と信頼のこもわたさん。この人のSD絵大好きなんですよほんとに!

渦巻作品安心と信頼の主題歌。ゲームを始める前からOPが好きで何度も聞いてたくらいに好きでした
渦巻作品の主題歌とかEDがカラオケに無いのは何かの嫌がらせかと小一時間(ry
EDも良かったのですが、EDに入ったときの音がやたら小さいのが難点
ED流れる→聞こえないので音大きくする→タイトルコール「涼風のメルト?」→ビビって音量下げる
各ヒロインEDだけでなく神語りのEDも小さかったという。何故小さいんだろう・・・

BGMで好きだったのは「子犬な後輩(羽衣BGM)」「アレグロな日々(日常パートBGM)」「イノセンス(タイトルBGM)」「祈祷の刻(土地神祭BGM..etc)」「緊迫の瞬間(絆語り編シリアス部分BGM..etc)」
特にイノセンスは聞いてて落ち着きます。ピアノ最高ですね


TIPS機能について(セブンズにもTIPS機能があるようですね
補完的なおまけ的な本編(の一部)
シェアワールド関連で未プレイのセブンズのネタバレを食らいました。本当にありがとうございました
もちろんマギステの事も書かれているし、何故かいな☆こいの事まで書かれているというネタ満載TIPS
こういうの私大好きなんです!

TIPSの中でも特にシェアワールド関連のTIPSが好きです。理由はもちろん他渦巻作品の事が書かれてるから
パロディ的なものが私大好きなんです!(2回目
過去渦巻作品をプレイ済みだと2.5倍楽しく遊べるかと思います



全体的な評価ですが・・・
マギステ補正が強すぎてマギステと比べ涼めるの良さがどれくらいか分かりませんが、マギステと同じ位かそれ以上に良い作品だと思います
ただ上記にも書いたとおりマギステのようにいちゃらぶできる展開が少なかった気がするので、いちゃらぶメインとしてる方にはオススメできないかも?
ただシナリオはオススメできます。何より嫌なキャラがいないですしね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。