更新不定期の落書き帳です、内容はほとんどチラ裏
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高貴なお仕事
2011年05月24日 (火) | 編集 |
「のーぶる☆わーくす」の感想です

以下ネタバレを含みますのでそれでも良いぜ!という方は続きからどうぞ


プレイ期間はきっかり2ヶ月でした(3月24日開始→5月24日終了)
この時期は(というかこの記事を書いてる今も)FPSにどっぷりハマってしまい、いつも通りの亀速度に
とはいえ、手を止めることなくゆっくりじっくり2ヶ月かけてクリアできたのは内容が良かったからですね

やるゲームが無かったら1週間で終わらせれるレベルだったんだぜ!・・・と言い訳


攻略順は
ひなた→瀬奈→静流→麻夜→灯里→蛍
恒例の「あ、このヒロインいいなぁ」と思った順です
そして隠しヒロインは短いシナリオだろうと最後にやるのが俺のジャスティス!



ひなたルート
告白→友人関係→ひなたのおじいちゃん関連と山有り谷有り展開が立て続けに起こるシナリオでした
友人関係の話は全ルート中で一番重いですね。人が死ぬ話もキツいけど、こういう話も結構心にくる

ひなたちゃんの一挙手一投足がかわい過ぎてたまらなかったです。髪下ろしてるのヤバい。マジヤバい
ジト目と(==)←こんな目がかわいい!というか全部かわいい!
ひなたちゃん自身も共通・他ヒロインのシナリオでもちょくちょく活躍して大満足です。
共通の「だいじょーぶですよー。だってー」→「もう後ろにいるんですから」辺りのシーンが良かったですね
ED後のラストCGは何故か物凄いカルチャーショックを受けましたが


中の人繋がりのお話
この方がヒロインを演じているゲームを過去に2作品プレイしているのですが、どちらも「声は好きなんけどキャラ自体はそこまで・・・」というあとちょっと感なヒロイン役ばかりで今まで好きになる事はなかったんですよ
(D.C.IIのななかと恋色空模様の静奈です。好きな人がいたらごめんね)
しかしこのゲームのヒロイン・・・つまり国広ひなたちゃんは容姿・性格共に個人的ド真ん中ストライクという素晴らしいヒロインだったのです!
何がいい言いたいかというと、「今までのは進化過程で、これが究極を追い求めた完成形なんだよ!」ということ
ちょっと意味が分からないですが、「今まで険しい道のりがあったんだよ」と思っておいてください



瀬奈ルート
脳の思考回路がどうなってるのか知りたくなるヒロイン。この処女、レベル高けぇな!
瀬奈の過去が分かるシナリオでした。過去話が辛いというのも俺の心に(ry
共通ではエロ担というかギャグ担というか、「どんな発想だよwww」と心の中でツッコみつつ楽しんでました

ちなみに、ひなたちゃんがいなかったら一番好きなヒロインはこの人でした
またもや中の人繋がりの話ですが、「涼風のメルト」の佳華と中の人が一緒だそうです。
が、同一人物とは思えない声なんだけど・・・リスニングスキルが足りてないだけですね



静流ルート
静流に自分の正体がバレてからが本番のルート。ツンだけどツンっぽくない静流さん
主人公が友人に正体バレした時の展開が最高に面白かったです

共通や他ルートではあまり出番の無いヒロインでしたが、本人のルートが濃かったから問題無いです
たーしゃまて・・・しーちゃんて・・・

Hシーンが5つだけど、本番って実質2つじゃね・・・?
と思ってましたが、最後のHシーンが非常にえろいから問題無いです



麻夜ルート
正体バレが一番きつい展開だろうと予想していたルートだったのですが、そんなことは無かった
虎鉄が主人公に不信感のようなものを抱き始めると必ず良くない展開に向かうのは仕様か!

麻夜のお付き(?)である虎鉄がインパクトが強すぎて・・・。男キャラが光るゲームは良いですね
「お嬢が欲しければ俺を超えていけ!」な展開で虎鉄を吹っ飛ばされた展開とそのCGが良かったです
・・・虎鉄のことしか書いてねぇ



灯里ルート
兼元関連の事が分かるルート。伊角さんは灯里にああいう態度を取っているのはそういう理由だったのか!
誘拐犯事件についても掘り下げて関連付けてくれた面白いシナリオでした

灯里のデレがすごく良かったり、なんで参考文献は同人誌やねんとツッコみたかったり
伊角さんがかっこよかったり、源さんがいつになく動揺したりと他では見れない様々な部分が見れますね
しかしおめぇ、「ひぎぃ」って・・・



蛍ルート
先生ルートあったんかい!?
とはいえ短め。最後は良い終わらせ方だと思います





その他感想
嫌なヒロインやサブキャラが一人もいないって大きいよね!
しかし先生ルートがあって真琴ルートがないのはこれいかに

共通ルートの会話が面白いし、分岐に入ってからも飽きない展開だったりと手が止まる要素はありませんでした
特に共通でも分岐でもちらほら出てくるギャグがとても面白かったです。
先が簡単に読めてしまうギャグだけど、その過程で毎回吹きそうになってましたw
(例に挙げると、瀬奈の脳内暴走全般や、ひなたとの会話、灯里ルートの最後の伊角さんとの場面など
「先がこうなんだな!」という分かりやすいギャグは見てて面白いですね

原画はこぶいちさんとむりりんさん。この時期にやっていたアニメ「これはゾンビですか?」で知りました
これゾンの時もそうでしたが、イラストになにかそそるものがあってかなり好きな部類です
このゲームをプレイしてこぶいちさんとむりりんさんの絵を少しだけ見分けられるようになりました
SDは渦巻ゲーでおなじみこもわたさん。この方が書くSD絵は最高ですよ!!1

システム面に関しても申し分ありませんでした。「次の選択肢までスキップ」で飛ばせるのは良いですね
設定せずに箱○コンが使用可能・画面がワイドなのも個人的にプラス点
喋ってるときにキャラクターがちょこちょこ動いたり、Hシーンの時の声がバックグラウンドで再生され続けるのも臨場感があって非常に良い機能でした

OPはゆずさんおなじみのアニメーションムービー。サビの入りとサビ部分が好きですね
フルも良い出来だと思います(゜ヮ^ )/
EDはどのルートも曲の入りが完璧で「あぁ・・・終わったんだなぁ・・・」と思わせる落ち着いた良い曲です。
フルはまさかの6分超え。歌詞がヒロインに関連したものですよね?

BGMは全体的にゴージャス感がたっぷりで何度聞いても飽きません
特に好きだったのは「美しき日々」「Noble Life」「Elegant Behavior」「なんだこりゃ」「恋の爆弾(Inst Ver.)」「だっしゅ☆(Inst Ver.)」「鉄の意志」ですね

最後に余談でキャラソンの話
5人全員の曲を聞いたのですが・・・麻夜のキャラソンがゲームBGMと比べて変わりすぎじゃねえ!?
ほのぼののんびりした曲があんな格好良い曲に・・・どうしてああなった(褒め言葉
「だっしゅ☆」は本来のテンションに更に上げた聞いててテンションのあがる曲でした
ひなたちゃんが某ぴゅあれっつぁのOP以外にもこんな歌い方できるのかと感動していまいm・・・ゲフンゲフン


全体的な評価ですが、現時点ではMagusTaleの次に好きなゲームとなりました
魔法は無いけどゴージャス生活・・・現実的だけど現実的じゃないそんなほのぼのゲーム
万人向けのゲームでもあるので一度プレイしてみてはいかがでしょうか
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。